第7回株主向け工場見学会(西神工場)を開催

 川崎重工業では、2016年3月17日、18日の2日間、「第7回株主様向け工場見学会」を当社の西神工場にて開催し、多数の株主およびご同伴者様が来場されました。
 当工場では、主に民間航空機用ジェットエンジン部品を製造しており、自社製ロボットや最新鋭の生産設備を多数導入し、製品の高品質化に取り組んでおります。当日は、主にボーイング787に搭載される「Trent 1000」やエアバスA350XWBに搭載される「Trent XWB」の中圧圧縮機モジュール(IPCモジュール)に加え、最新のエアバスA320 neoに搭載されるPW1100G-JMの各種部品などを熱心にご見学いただきました。また、見学後の質疑応答では、様々なご質問やご要望をいただき、株主の皆様と交流を図ることができたと考えております。
 今後も当社へのご理解を深めていただくため、引き続き様々な工場で本見学会を実施していきます。募集の詳細については、Business Reportにて順次掲載してまいりますので、多数の株主様のご応募をお待ちしております。

工場内見学中の様子