ページ内移動用のメニューです。


目標とする経営指標

目標とする経営指標は、企業価値の向上を最終的な目的として、利益目標(営業利益、経常利益、当期利益)及び資本効率を測る指標である投下資本利益率(ROIC =EBIT(税引前利益 + 支払利息)÷ 投下資本 )を採用しています。
ROICの評価に際しては、加重平均資本コスト(WACC)を上回ることを基準とし、 将来に亘る企業価値の増大を目指すこととしています。また、ROICは、当社グループ の事業を分類した最小単位(ビジネスユニット、「BU」)毎に適用し、事業ポートフォリオ の最適化を図っていきます。

Kawasaki ROIC経営の進捗状況 (2015年4月28日公表)
 Kawasaki ROIC経営の進捗状況(PDF:578KB) 
Kawasaki ROIC経営の展開
- グループ経営モデル 2018 -
(2014年10月29日公表)
 Kawasaki ROIC経営の展開(PDF:1,257KB) 
Kawasaki ROIC経営の目的・ポイント(2014年7月30日公表)
 Kawasaki ROIC経営の目的・ポイント(PDF:278KB) 
企業価値の向上にむけて
~Kawasaki - ROIC経営~
(2014年4月25日公表)
企業価値向上に向けて(PDF:490KB) 

ページの終わりですページの先頭へ戻る