ページ内移動用のメニューです。


負荷平準化

蓄電池を用いた電力需給制御システム

10MW太陽光発電システムが連系される石津川変電所にギガセル®を設置し、将来の太陽光発電システム大量導入時の需給制御用蓄電池に関する共同開発を関西電力株式会社殿と平成22年より4年間行いました。

共同開発:関西電力株式会社殿、日新電機株式会社殿

蓄電池を用いた電力需給制御システム

場所関西電力株式会社殿 石津川変電所
定格電圧576V
構成ギガセル®(12V-177Ah)×48直列
定格容量177Ah

電池容量102kWh
出力250kW ※インバーターを連系したシステムとしての出力

蓄電池の運用例

基準周波数60Hzを超えた場合は蓄電池へ充電し、下回る場合は放電します。また、低・高SOC域では蓄電池の過放電・過充電を防止します。

蓄電池の運用例

こちらのコンテンツをご覧いただくにはWindows Media Playerが必要です。
Windows Media Playerのダウンロードはこちら 

「ギガセル」は川崎重工業株式会社の登録商標です。

用途・実績

お問い合わせ先

川崎重工業株式会社
車両カンパニー
国内プロジェクト本部
東部営業部(東京本社)
西部営業部(兵庫工場)


ページの終わりですページの先頭へ戻る