ページ内移動用のメニューです。


沿革

ガスタービン事業の沿革

1940

明石工場完成、航空機(機体/エンジン)製造開始。

1943

ラムジェット「ネ-0」我が国初の飛行試験。

1952

(米)ベル社と技術提携し、ベル47D型ヘリコプタの製造開始(1964年岐阜工場へ移管)。

1954

米極東空軍のジェットエンジンオーバーホールを開始。

1962

(英)ロールス・ロイス社との技術提携によるJ80506(T-1Aジェット練習機)のオーバーホール初号機を納入。

1967

(米)ライカミング社との技術提携によるT53-11A(UH-1ヘリコプタ用)初号機を防衛庁に納入。

1970

ガスタービン搭載の戦車・トラック・鉄道車両等の試験実施。

1974

自社開発のガスタービンS1A-01の試作機完成。

1977

PU200ガスタービン発電設備の初号機納入。

1979

移動発電機車 MPU200の初号機納入。

護衛艦用ガスタービン主発電機の初号機納入。

(英)ロールス・ロイス社との技術提携による艦艇用エンジンオリンパスおよびタインの初号機納入。

1983

5ヶ国共同によるエアバスA320ファミリー用ターボファンエンジンV2500ターボファンエンジンの開発開始。

1984

(英)ロールス・ロイス社との技術提携による艦艇用エンジンスペイの初号機納入。

PUC10コージェネレーションシステム(1000kW級)の初号機納入。

1985

(米)P&W社とのRSP契約によるPW4000ターボファンエンジン部品の製造開始。

1986

(米)ライカミング社との技術提携によるT55-K-712(CH-47ヘリコプタ用)初号機を防衛庁に納入。

1988

(英)ロールス・ロイス社とのRSP契約によるロッキードL-1011 トライスター用RB211/Trentターボファンエンジン部品の製造開始。

初の常用ガスタービンとして開発したM1A-13を搭載したPUC15コージェネレーションシステム(1500kW級)の販売開始。

1990

西神工場竣工。

1991

重構造型・軸流式圧縮機を備えたM7A-01ガスタービン(6000KW)試作機の運転を開始。

1994

M7A-01ガスタービンを用いたPUC60コージェネレーションシステム(6000kW級)の初号機納入。

1996

CF34ターボファンエンジンの開発開始。

1998

産業用ガスタービン海外販売拠点をドイツに設立。

1999

産業用ガスタービン海外販売拠点を米国及びマレーシアに設立。

2000

国内最大級(推力100,000ポンド級)のジェットエンジン運転セル完成。

L20Aガスタービン(20,000kW級)試作機の試験開始。

2002

救難飛行艇 US-1A改 用圧縮空気発生装置(BLC装置)初号機を防衛庁に納入。

2003

国内最大級の非常用発電設備 PU5000/PU6000 を新開発。

2004

L20Aガスタービンを用いたコンバインドサイクルPUCS500(L20A×2台+蒸気タービン、50,000kW)を初納入。

Trent 1000(ボーイング787用)へのRRSP契約による参画を決定。

2005

PUCS250 コンバインドサイクル発電設備(L20A+蒸気タービン)及び PUC70PLUS コージェネレーションシステム(M7A)から成る明石工場エネルギーセンターが運用開始。

RTM322 エンジン(MCH-101ヘリコプタ用)を初号機納入。

2008

Trent 1000(ボーイング787用) の運転試験を開始。

2009

Trent XWB(エアバスA350XWB用) へのRRSP契約による参画を決定。

2010

航空機用一定周波数発電装置 T-IDG® をP-1 量産機向けに初納入。

2011

Trent XWBエンジン中圧圧縮機モジュールを初出荷。

エアバス社A320neo用エンジン「PW1100G-JM」の開発・生産に参画。

産業用ガスタービン販売累計台数1万台を達成。

2012

L30Aガスタービンを用いたPUC300Dコージェネレーションシステム(30,000kW級)を開発、販売開始。


ページの終わりですページの先頭へ戻る