ページ内移動用のメニューです。


航空宇宙カンパニー

 
並木 祐之
航空宇宙カンパニー
プレジデント

 日本有数の航空機メーカーとして、P-1、XC-2など防衛省向けの数々の航空機の開発・製造を行っているほか、ボーイング787など民間航空機の国際開発・生産プロジェクトにも参画しています。ベストセラー機・BK117を製造する、わが国トップのヘリコプターメーカーでもあり、また、H-IIA、H-IIB用ロケット・フェアリングなどの宇宙機器も手がけています。

航空機の存在目的・社会的価値とは

 我々の製品である飛行機やヘリコプターは、「移動手段として速くて安全であること」が第一の価値です。災害時などいざという時には大いに役立っていますし、防衛という点でもなくてはならない存在であり、社会に貢献し国を守る大切な道具であると考えています。
 航空宇宙カンパニーの拠って立つところは、設計と製造の二本柱です。岐阜工場では防衛省機とBK117ヘリコプターを中心に、最終製品としての完成機を設計から製造・飛行試験まで一貫して行っており、名古屋工場では高度な生産設備を活用して大型民間機の分担生産を効率良く、高レートで行っています。
 私は、航空機メーカーとして、品質・コスト・納期をきっちりと守りながら最終製品を飛ばすことのできる設計・製造の技術と経験を次世代に繋げていくことにこだわり続けたいと考えています。

目の前の課題、将来の課題

 私自身は中学生の頃から飛行機のプラモデル作りに熱中してきましたが、それは飛行機の持つ機能美にひかれたからだと思います。大学では航空工学を専攻し、川崎重工航空宇宙カンパニー(当時は事業本部)に入社、以来一貫して航空機の仕事に携わってきました。近年、当カンパニーでは、固定翼哨戒機P-1と次期輸送機XC-2の開発・生産を2機種同時に行ってきています。これを実現しつつあることは当社の誇りであり、私のプレジデントとしての直近の課題はこのプロジェクトの完遂にあります。P-1は既に開発が完了し、量産に入っていますが、XC-2については2016年度中に「次期」と「X」が外れるようにカンパニーの力を結集していきます。
 今後に向けて、国内だけではなく国際的な共同開発も大きな流れになりますので、そのための体制整備や設備投資など必要な対応をとっていきます。米国リンカーン工場には、ボーイング機のコンポーネント組立工場を開設します。同時に、技術力・人財力の維持・向上のために開発の機会作りをすることが重要な課題です。近年は上記のような大型機2機種やボーイング787の開発を手掛けてきており、レベルの高い人財がそろっていますが、彼らの腕を錆びさせることのないよう、大型機の派生型や各種機体の後継機等の開発、またボーイングの今後の開発機にも参画すべく、プレジデントとしてその方向付けをしっかりとやっていきたいと思います。

従業員に期待すること

 決して内向きになることなく、外に出ていろいろな人々と接触しカンパニーの世界を広げていってもらいたいと思っています。また、当カンパニーでは設計や製造の中に女性がまだ少ないのですが、女性の感性に期待するところは大きく、ぜひ活躍していってもらいたいということも挙げておきたいと思います。
 先日、新入社員には「何も知らないことは今だけの特権、3年くらいは何を聞いてもよい」と話をしました。まずは正確な知識を身に着けるのが出発点ということですが、その先には知識を知恵にしていくこと、さらに知恵に意志を加えて行動に移していくことが大切です。当カンパニーの航空宇宙事業をここまで育ててくれた先輩方のように、単なるマニュアル作業ではなく、仕事に「思い」や「意志」を込めることを大事にしていってほしいと考えています。

(インタビュー:2016年4月実施)


ページの終わりですページの先頭へ戻る