ページ内移動用のメニューです。


明石工場へのエネルギーマネジメントシステム開発・導入

資源・エネルギー削減 省エネ推進活動

 全事業場に導入した「エネルギー見える化システム」を活用し、省エネ活動を推進しています。
 2015年度はエネルギーコストの6.6%(約7億円)を削減しました。2016年度以降も、毎年5%以上の資源・エネルギーコストの削減を目指します。

2012年度の事業活動のマテリアルバランス(環境負荷の全体図)


省エネの実施例:
明石工場へのエネルギーマネジメントシステム開発・導入

 明石工場では、外部からの電力に加え、エネルギーセンターのガスタービン発電設備、ボイラ等により、工場内に電力や蒸気を供給しています。これらのエネルギーは、社内で開発したエネルギーマネジメントシステムにより最適化しており、2015年度は、電気・ガスのエネルギーコストを工場全体で年間3%削減しました。

明石工場へのエネルギーマネジメントシステム開発・導入

  • エネルギーマネジメントシステム : 気象条件や過去の電力・蒸気の需要データ、電気・ガスの単価などを分析し、ガスタービンやボイラなどのエネルギー機器の運用を最適化します。


ページの終わりですページの先頭へ戻る