ページ内移動用のメニューです。


社会貢献支出状況

 川崎重工グループは、事業外の社会貢献活動においても、「世界の人々の豊かな生活と地球環境の未来に貢献する」というグループミッションに立脚し、「未来社会」、「国際社会」、「地球環境」を中心に貢献すべく、自社の強みを活かしつつ社会の期待に応える取り組みに注力し、さまざまな分野で社会貢献活動を展開しています。

社会貢献支出状況

社会貢献支出状況

(注)寄付・協賛金、現物給付、社外組織への協力依頼に関わる費用、社外組織に派遣した従業員の労務費(当社負担分)等を含みます。
  従業員の内部労務費・施設使用に関わる経費は含みません。

Focus米国での社会貢献基金の運営-Kawasaki Good Times Foundation

 川崎重工グループは、モーターサイクル・鉄道車両・ロボット・精密機械などの事業拠点を米国に設置しています。これらの拠点は、それぞれ単独に、また相互に連携して、米国社会に根付いた活動を行っています。
 その活動の一つが1993年に設置された「Kawasaki Good Times Foundation」。これらの拠点が毎年の利益の一部を基金に積み立てています。
 この基金は当社の米国現地法人であるKawasaki Heavy Industries (U.S.A), Inc.が管理・運営し、メトロポリタン美術館などの芸術・文化施設や各種慈善事業、ならびに教育・医療・科学の振興活動や被災地支援活動などに寄付されています。


ページの終わりですページの先頭へ戻る