ページ内移動用のメニューです。


2014年度開催 有識者ダイアログ

グローバル企業のビジネスとCSR

山口 俊宗氏

特定非営利活動法人
経済人コー円卓会議(CRT)
日本委員会

ディレクター

山口 俊宗 氏

全取締役・常勤監査役・カンパニープレジデントをメンバーとする全社CSR委員会に経済人コー円卓会議(CRT)日本委員会の山口ディレクターをお招きし、グローバル企業のCSRについてお話を伺いました。

  • 日本企業が今求められているのはグローバルなCSR。2010年以降、CSRの考え方や国際ルールが変化してきている。
  • これは「ルールベース」ではなく、「原則ベース」のアプローチ。自社のビジネスにどのようなリスクがあるのかを、ステークホルダーとの対話を通じて特定し、取り組みの是非を判断し、対応・報告することが必要となってきた。
  • この背景にはグローバルリスクやメガトレンドという社会的課題の大きな潮流がある。これを自律的に認識し判断をすることが経営層に求められている。

お話を受けて、メンバーで当社グループの課題の特定についてのディスカッションを行いました。

ディスカッション

 


ページの終わりですページの先頭へ戻る