会社情報 About Us

経営者メッセージ

社長挨拶

 

   当社は、冷水、温水を発生させる「吸収冷温水機・冷凍機」と蒸気を発生させる「ボイラ」を設計・開発、製造、販売そしてアフターサービス・メンテナンスまで一貫して行っている会社です。

 当社は「吸収冷温水機・冷凍機」のパイオニアとして1959年に国内で初めて吸収冷凍機を製造して以来、1964年に世界で初めて二重効用型吸収冷凍機を製造、その後さらに省エネ性能を高めた三重効用吸収冷温水機やソーラークーリングシステム(太陽熱利用)の商品化を行うなど、常に先進的な製品を開発・製造・販売してきました。ホテル・病院・オフィスビル・大型商業施設・工場・地域冷暖房といった様々な場所で、これまでに16,000台以上が採用され活躍しています。近年では省電力機器であることや、自然冷媒である水を冷媒としていること、また未利用熱を有効に活用できることから、その優れた環境性能が再評価されています。

 「ボイラ」は1899年の初号機製造以来120年近くの歴史をもち、長年の燃焼技術を活かした水管ボイラ・炉筒煙管ボイラ、また業界に先駆けて商品化した大型貫流ボイラなど、多様な汎用ボイラを製造・販売してきました。地域冷暖房・工場用の大型ボイラから暖房・給食センター用の小型ボイラまで様々な品揃えがあり、主には産業用途の動力源として9,000台以上が採用されています。

 海外に対しても積極的に取組んでおり、吸収冷温水機・冷凍機を1,000台以上出荷しています。マレーシアに販売拠点を設け、東南アジアを始めとするアジア市場への地域密着での進出を図り、他にも中東など吸収冷温水機・冷凍機・ボイラの需要が見込める国と地域へも積極的に販売展開をしています。

 今後も当社は、資源エネルギーを経済的に利用できる製品はもちろんのこと、常に「お客様の満足を求めて」長期間の製品保証をはじめとする製品のライフサイクルコストの低減に努めてまいります。              「省電力」 「省エネルギー」 「省CO2」 「高度で広範な排熱利用」 をキーワードに、熱交換技術を核とした 冷熱機器・システムメーカーとして社会に貢献してまいります。

 どうぞこれからも皆様の暖かいご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。