ファクタリング方式 取扱説明書

1.本取引の概要

ファクタリング取引とは、手形を振出さず従来の手形満期日に銀行振込で支払うか、貴社が割引金利を負担することで従来の手形満期日以前に支払を受けることを可能にする取引です。
この様な金融機能を付すために、貴社が債務者に対して有する売掛債権(但し、相殺対象債務がある場合は相殺後のもので、かつ、従来手形により支払われていた部分)は、川崎重工業(株)の100%子会社である川重ファイナンス(株)を通じて支払を行います。尚、従来現金振込により支払われていた部分(支払条件上は手形払いだが金額基準により現金払いとなるものを含む)は債務者より直接支払われます。
@
まず取引開始前に、貴社、債務者および川重ファイナンス(株)との三者間で基本契約を締結します。
A
代金請求の手続きは、従来通り変更ありません。
B
基本契約により、従来の手形交付日に自動的に貴社の代金債権を川重ファイナンス(株)が買取ります。(貴社の代金債権が川重ファイナンス(株)に譲渡されます)
C
川重ファイナンス(株)は、次のいずれかの方式(基本契約締結時に貴社が予めご選択)で、従来の手形交付日が到来した債権について、貴社に債権の譲渡代金をお支払いします。

(A) 個別割引方式

  • 個別に割引のお申込がない限り、従来の手形満期日に現金振込でお支払いします。
  • 個別に割引のお申込をされる割引希望日(従来の手形交付日から手形満期日までの間)に、希望金額を個別に割引の上、現金振込でお支払いします。

(B) 一括割引方式

  • 従来の手形交付日に、自動的に割引の上、現金振込でお支払いします。
(A)で割引をご希望される場合または(B)の場合には、金利相当分の割引料を控除してお支払いします。
D
債務者は、従来の手形交付日が到来した債権について、従来の手形満期日に一括して川重ファイナンス(株)に買掛代金を支払います。
page top

2.本取引ご参加時の貴社メリット

(1)
受取手形の領収書が不要となり、印紙税の支払いがなくなります。
(2)
手形管理業務が不要となり、取立手数料等の支払いがなくなります。
(3)
手形の紛失・盗難等の手形事故がなくなります。
(4)
期日前払の方法を利用することにより、従来の手形割引よりも有利なレート(支払方式、金融情勢等により異なる場合があります)で売掛債権の資金化が可能となります。
(5)
現行お取引の銀行の与信枠を使用することなく資金調達を行うことができます。

3.留意事項

「ファクタリング方式」のご採用時には、基本契約を結ばせていただきますが、その際印紙代4,000円をご負担いただきます。(契約書2通のうち1通分)
本取引への加入は、貴社の自由意志によるものです。契約期間中であっても、予告期間をもって、この方式を解約できます。
加入しないことを理由に取引条件等が不利になるようなことはありません。また、加入された方々に、支払条件等を、従来に比して不利になるよう変更をするものではありません。
page top

4.ご契約内容

(1) 債権の譲渡

基本契約とは別途締結される個別債権譲渡契約により、貴社から川重ファイナンス(株)へ債権が譲渡されます。
この個別債権譲渡契約により、将来(最長で1年間)に亘って貴社が取得する全ての代金債権が、一括して川重ファイナンス(株)に譲渡されます。但し、譲渡の対象となる代金債権は、従来手形により支払われていた部分に限定されています。従来現金振込により支払われていた部分は債務者より直接支払われます。
このファクタリング取引上必要となる譲渡手続(譲渡人:貴社、譲受人:川重ファイナンス(株))は、基本契約において債権譲渡の代理人委任を受けた債務者が行いますので、貴社が譲渡手続きを行う必要はありません。
契約締結日や譲渡の対象となる債権の範囲等の個別債権譲渡契約の条件は、FAXにてご連絡致します。

(2) 譲渡代金のお受取り

従来の手形交付日(以下、支払日といいます)が到来した債権については、貴社のお申込にしたがって債権譲渡代金をお支払い致します。
債権譲渡代金の受取方法には、以下の(A)(B)2通りがございます。
基本契約ご締結時にいずれかご選択いただきます。(契約後の変更も可能)
 
(A)個別割引方式
(B)一括割引方式
概   要
決済日に満額をお支払いする方法、または必要なつど、資金化する場合に適している方法です。
決済日よりも前に資金化する場合には、個別に割引申込が必要です。
お申込の無かった譲渡債権の残額につきましては、各債権の決済日に自動的にお振込みいたします(決済日が休日の場合は、翌銀行営業日となります)。
毎月支払日に、自動的に資金化してお振込みいたしますので、毎回のお申込が省略できます。
本方式を選択いただきますと、そのまま将来にわたっての割引申込として受付けます。
お申込方法
代金受取をご希望されるつど、 川重ファイナンス(株)に「割引申込書」をFAX送信していただきます。
基本契約締結時に「一括割引申込書」をご提出いただきます。
最初1回のみのお申込みとなります。
割引計算
割引計算式は以下の通りとなります(片端入、円未満四捨五入)。
割引後債権金額 = 割引対象金額
×(1−買取レート×割引日数÷365)
適用買取
短期プライムレート+0.20

※最新の割引率はこちらへ。
短期プライムレート
個別割引より有利です。

※最新の割引率はこちらへ。
お受取金額
支払日が到来した譲渡債権残高の範囲内で自由に指定することが可能です。
支払日が到来した譲渡債権残高の全額(割引後)となります。
振込手数料を控除してお支払いします。
お申込締切
割引希望日の4営業日前の15:00までに「割引申込書」をFAXにてご送信いただきます。
川重ファイナンス(株)から割引受付確認のFAXをお送りします。
個別に割引申込を行う必要はありません。
お受取日
ご希望の日
(お申込はご希望の日の4営業日前の15:00までにお願い致します。)
支払日(従来の手形交付日)
お受取方法のご変更
代金受取方式をご変更される場合には、「債権譲渡代金受取方法届出書(兼一括割引申込書)」をご提出いただきます。
ご変更は、お申し出の翌月に支払日が到来する譲渡債権から適用されます。
(注) 短期プライムレートはみずほコーポレート銀行が発表するものを適用します。
   また、金融情勢の変化等により事前通知の上、変更させていただくことがあります。
page top

5.お取引の流れ

(A) 個別割引方式

◆:川重ファイナンス(株)→貴社
◇:貴社→川重ファイナンス(株)
 
ご    説    明
授 受 帳 票
@
川重ファイナンス(株)は、予め支払日の前に、新たに支払日が到来する(割引が可能となる)予定の債権明細を、貴社にFAXでお知らせします。
同時に、支払日が到来した後にいくらの債権が割引申込可能かをお知らせするために、支払日が到来した債権残高の明細を貴社にFAX送信いたします。

 

A
貴社は支払日が到来した譲渡債権の割引をご希望される場合には、割引希望日の4営業日前の15:00までに、川重ファイナンス(株)にFAXでお申込みいただきます。
割引申込書

*現在適用の割引率はこちら

*割引料の計算についてはこちらをご参照下さい。
B
川重ファイナンス(株)は、割引申込のチェックを行い、エラーがない場合にはすみやかに受付確認のFAXを貴社に送信します。
同時に、割引後にいくらの債権が割引申込可能かをお知らせするために、債権残高の明細を貴社にFAX送信いたします。

 

C
川重ファイナンス(株)は、割引希望日の2営業日前に、割引料控除後の債権金額を、貴社にFAXでお知らせします。
D
川重ファイナンス(株)は、割引希望日に、割引料控除後の割引金額を、お届けの指定口座に振り込みます。
 
E
川重ファイナンス(株)は、決済日の2営業日前に、決済日が到来する譲渡債権のうち、割り引かれずに残った債権残額を、貴社にFAXでお知らせします。
債権残額振込のご案内債権残額振込のご案内
(割引の履歴添付)
F
川重ファイナンス(株)は、決済日に、決済日が到来する譲渡債権のうち、割り引かれずに残った債権残額を、お届けの指定口座に振り込みます(決済日が休日の場合には翌銀行営業日)。
 

(B) 一括割引方式

 
ご    説    明
授 受 帳 票
@
川重ファイナンス(株)は、予め支払日の前に、新たに支払日が到来する(割引が可能となる)予定の債権明細を、貴社にFAXでお知らせします。
A
川重ファイナンス(株)は、割引日(=支払日)の2営業日前に、割引料控除後の債権金額を、貴社にFAXでお知らせします。
B
川重ファイナンス(株)は、支払日に、割引料控除後の割引金額をお届けの指定口座に振り込みます。
 

page top