News

防災科学技術研所・兵庫耐震工学研究究センター(兵庫県三木市)が取り組んでいる病院施設の耐震実験に協力しています

当社が製造販売している「高気圧酸素治療装置:KHO-2000S」を実大三次元震動破壊実験施設(E-ディフェンス)で行われる震動実験に提供し震災時における「命の砦」である医療施設を守る指針作りへの取り組みに協力しています。Eディフェンスでは、病院を模した4階建ての建屋に各種の医療装置を実際の病院内部と同じように設置し、震災時の医療機器の耐震化指針をまとめるための実験を繰り返し実施しています。今回は、この実験で震度6強の地震波を再現しました。実験結果として、「高気圧酸素治療装置:KHO-2000S」(750キロ)の数十センチの横移動が確認されました。
EディフェンスのHPはこちらから