ページ内移動用のメニューです。


AUTO CULTURE® 細胞品質試験システム

  • 細胞の品質評価に必要な3つの試験を自動化
  • 省力化
  • 安定性・均一性の向上
  • 検体の都合に柔軟に対応
  • 省スペース

特長

細胞の品質評価に必要な3つの試験を自動化

無菌試験、エンドトキシン試験、マイコプラズマ否定試験を自動化しました。

省力化

10検体まで一括してシステムへ入庫可能です。入庫した検体の処理を無人で連続かつ長時間行うことにより、少ない人員でのオペレーションを実現します。

安定性・均一性の向上

自動化による作業の標準化を実現します。また、過酸化水素蒸気による除染機能を実現していますので、試験結果に悪影響となる汚染リスクを排除します。

検体の都合に柔軟に対応

検体の都合により、試験途中での検体の追加や削除、実施順の変更を行うことが可能です。また、検査が終了した検体については、他検体を実行中でも装置外に取り出すことができます。

省スペース

3つの試験に必要な機能を、コンパクトにまとめました。

仕様

商品名 AUTO CULTURE® 細胞品質試験システム
無菌試験
  • 直接法(第十六改正日本薬局方準拠)に対応
  • バリデーション試験
エンドトキシン試験
  • カイネティック比濁法(第十六改正日本薬局方準拠)に対応
  • バリデーション試験
マイコプラズマ否定試験
  • リアルタイム PCR法に対応
検体入庫数 無菌試験 10検体まで
エンドトキシン試験 10検体まで
マイコプラズマ否定試験 10検体まで
サイズ(mm) 幅×奥行×高さ: 3,000×1,000×2,000
設置温度条件 20~30℃
設置湿度条件 35~80%(結露なきこと)
設置清浄度条件 グレード D(ISO 8)以上
電源 単相交流200V, 8kVA

お問い合わせ

こちらの製品に関するお問い合わせは川崎重工 マーケティング本部 MDプロジェクト部にご連絡ください。

ウェブサイトからのお問い合わせ


ページの終わりですページの先頭へ戻る