ページ内移動用のメニューです。


宇宙機器

川崎重工は宇宙開発のさまざまな分野に取り組み、将来に向けた各種の実験や、新技術の開発も行っています。

H-IIAロケットで、衛星フェアリング、衛星分離部(PAF)と射点設備を、H-IIBロケットではHTV(宇宙ステーション補給機)搭載専用のフェアリングを担当しています。最新のH3ロケット開発においても衛星フェアリングの設計・製造を担当しています。
また、将来の宇宙輸送を担う再使用型宇宙輸送機の開発や、宇宙ステーション日本実験モジュール(JEM)、宇宙往還技術試験機(HOPE-X)、技術試験衛星VII(ETS-VII)ドッキング機構などの宇宙ロボティックスプロジェクトにも参画してきました。さらに、成層圏プラットフォームの開発や宇宙飛行士の養成・訓練などの有人宇宙技術にも取り組んでいます。


ページの終わりですページの先頭へ戻る