ページ内移動用のメニューです。


概要・事業紹介

知識集約型産業として位置づけされる航空機分野では、日本を代表する機体メーカーとして、またエンジンメーカーとして、幅広い事業を展開しています。
宇宙機器分野でもH-IIA、H-IIBロケット用フェアリングなど、多くの実績を有しています。

航空機事業

川崎重工は、ブルーインパルスとしても活躍するT-4中等練習機、P-3C固定翼哨戒機シリーズをはじめ、さまざまな防衛省向け航空機の開発・製造で主要な役割を果たしてきました。現在は主契約企業としてP-1固定翼哨戒機及びC-2輸送機の開発を完了させ、量産製造を推進しています。
さらに、民間航空機分野では、大型機の国際共同開発・共同生産プロジェクトにパートナー企業として参画。米国ボーイング社との共同開発によるボーイング767、777、787、ブラジル・エンブラエル社との共同開発によるエンブラエル170/175/190/195の分担製造を行なっています。また、ボーイング777Xの共同開発を推進しています。
ヘリコプタでは、わが国初の国産開発機となったBK117をはじめ、大型機から小型機まで製造しています。防衛省向けには、CH-47J/JA型ヘリコプタの製造や、観測ヘリコプタOH-1の開発・製造を行ってきたほか、掃海・輸送ヘリコプタMCH-101および南極輸送支援用ヘリコプタCH-101の機体およびエンジンのライセンス製造を行っています。

宇宙機器事業

H-IIAロケットで、衛星フェアリング、衛星分離部(PAF)と射点設備を、H-IIBロケットではHTV(宇宙ステーション補給機)搭載専用のフェアリングを担当しています。最新のH3ロケット開発においても衛星フェアリングの設計・製造を担当しています。
また、将来の宇宙輸送を担う再使用型宇宙輸送機の開発や、宇宙ステーション日本実験モジュール(JEM)、宇宙往還技術試験機(HOPE-X)、技術試験衛星VII(ETS-VII)ドッキング機構などの宇宙ロボティックスプロジェクトにも参画してきました。さらに、成層圏プラットフォームの開発や宇宙飛行士の養成・訓練などの有人宇宙技術にも取り組んでいます。

エンジン事業

戦後、川崎重工でジェットエンジン事業が再開されたのは、1954年米国極東空軍のジェットエンジンオーバーホールを開始したことに遡ります。防衛省向エンジンとしては、1967年に防衛省向ヘリコプター用エンジンを納入したのを皮切りに、現在まで3機種のヘリコプターエンジンの製造を手掛け、ターボファンエンジンの修理・オーバーホール等にまで業域を拡大しています。一方、民間航空機エンジン部門においては、国際共同開発事業に進出しエアバス社A320ファミリーに搭載のベストセラーエンジンであるV2500エンジンの開発、分担製造で実績を築き、ボーイング社B787搭載のTrent1000エンジンにおいては、ロールスロイス社とのパートナーシップにより中圧圧縮機モジュールの開発、製造を担当し2010年には量産初号機を納入しています。
また、ヘリコプター用トランスミッション部門においては、ベストセラー機のBK117を始めとして、純国産ヘリOH-1、ドクターヘリで活躍するMD900、中型機のベストセラーとなりつつあるAW139などのトランスミッションの開発・製造を行っています。


ページの終わりですページの先頭へ戻る